学生の頃からプレゼントを送ることが好きな私ですが、ギフトとプレゼントの違いについて考えてみました。

ギフトとプレゼントの違い。
ギフトとプレゼントの違い。

ギフトとプレゼントの違い。

ギフトとプレゼントの違い。
私は人にプレゼントを送ることが好きな学生だったのですが、このたび社会人になりギフトを送ることを考えています。

しかし、プレゼントとギフトの違いは実際よく分かっていません。大きく違いはないのかもしれませんが、ギフトは目上の方や尊敬・感謝している人に送るものでプレゼントは友人関係・家族に送るものだと認識しています。
ギフトには、きちんと誰でも利用してもらえるようなものを選び、使ってもらいたい気持ちを込め送っています。
プレゼントも同じですが、プレゼントの場合はその一人一人の送る相手に合ったものを選ぶようにしています。
その選ぶ時が楽しいんですよね。

少し書いてて思ったのですが、ギフトはその送る相手の家族・世帯向けなのではないでしょうか?一人の人に送る場合もあるかもしれませんが、大抵はその家族へ向けて送るものですよね。みんなに使ってもらえるよう食べてもらえるようなものを選びますからね。まだ自分でギフトを送ったことはないのですが、何を送ろうか考えるだけで満足しそうです。
実際、送る機会があまりないのでなかなか送れないのですが、感謝したい人たちはたくさんいます。
一気に全員分送ることはまだ社会人に成り立ての私には無理がありますが、少しずつ感謝の気持ちを送ることが出来たらいいなと思っています。

また、個々に渡すプレゼントの方も今までと変わらず、少し気恥ずかしいですがきちんを送るようにしています。
物を送るだけが気持ちを伝える行為ではないと分かっていますが、プレゼントをしたときに喜ぶ顔を見てしまうとまた送ろうと思ってしまうんですよね。これがいいことなのかは分かりません。実際、相手に気を使わせる行為なのかもしれませんが、完璧自己満足で解決しています。
見返りを求めてやっているわけではないので気にしないようにしています。
だんだん大人になるにつれてプレゼントするものが変わってくるので毎年毎年いくつになっても私の楽しみは変わりません。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ギフトとプレゼントの違い。.All rights reserved.